顔の形に合っているか確かめよう

メガネのフレームをデザインだけで決めてしまうと、つけ心地が悪くて利用するのが嫌になるかもしれません。それを避けるには自身の顔に合っているのか、フィッティングをしてしっかりと確かめるようにしましょう。デザインがいくら気に入ったとしても、メガネの横幅がたりなくてきつかったり鼻当てが低くてズリ下がったりするのでは、購入はやめておいたほうが無難です。ただし、自身でフィッティングをすると、間違った解釈をしてしまい、自身の顔の形に合っていないものを選んでしまう可能性があります。そのため、フィッティングを重視したい場合は、専門家であるスタッフに手伝ってもらいましょう。認定眼鏡士のいるお店なら、より確かな技術で調整を行ってもらえます。

展示品でフィッティングしてもらえるか確認しよう

メガネを購入すれば、ツルや鼻当ての部分を調節してもらえるフィッティングを必ずやってもらえます。しかし、購入前の展示品では行ってもらえないケースもあります。もしも、展示品でもフィッティングして欲しい場合は、お店のスタッフに確認するようにしましょう。多くのメガネ店では対応しているため、喜んで調節してもらえるはずです。もちろん、スタッフがやってくれないお店では、自身でフィッティングすることも許されていないので気をつけなければいけません。なお、フィッティングをどう頑張っても、顔に合わない場合もあります。そのときは似たデザインのものをスタッフに相談して選んでもらえば、調節できるものを選定してくれるので、顔にピッタリと合わせられるメガネを手に入れられます。